旭弦楽アンサンブルあるこは大阪市旭区を拠点に活動するアマチュアの弦楽アンサンブルです。団員随時募集中。

旭弦楽アンサンブルあるこについて

  • HOME »
  • 旭弦楽アンサンブルあるこについて

楽団プロフィール

旭弦楽アンサンブル『あるこ』は主に大阪市旭区在住、その近隣メンバーで構成された合奏団です。

2008年9月、旭区民合唱団『リリオ』の呼びかけにより、弦楽教室として出発しました。

当初はバイオリンを始めて間もないメンバーもいましたが、その後、弦楽アンサンブルとして運営を開始し、いろいろなイベントを団員全員で模索し合いながら活動の場を広げています。

現在のメンバーは約20名、毎週楽しみながら練習を重ねています。
『あるこ』とは”arco”イタリア語では弓、演奏用語としては弓で弾くということを意味しています。

指導者

中山裕一

団長からのメッセージ

私達は、「楽しい嬉しい音楽」、そして「綺麗なハーモニー」を目指して日々がんばっています。

「楽しい嬉しい音楽」というのは私達が歌って奏でて楽しいというだけでなく、
聴きに来てくださる皆様に喜んでいただくということも大事です。

綺麗にハモることができれば、演奏する私達も気持ちよいだけでなく、生演奏を聴いている方にも心地よい感銘を与えてくれます。
そういった心地よさを味わってみませんか?

私達は団員の少ないグループでございます。もしご興味をお持ちいただけましたら、
一度見学に来られるだけでも結構ですので、ぜひ練習見学にご参加くだされば幸いです。

まだまだ未熟な私達ですが、これからも皆様に楽しんでいただける音楽を目指して頑張っていこうと思います。

これからも私達「旭弦楽アンサンブルあるこ」をよろしくお願いいたします。

旭弦楽アンサンブルあるこ団長
山田英作

PAGETOP